都さんのスーパーバレエレッスン

毎週とても楽しみにみています。

回によって、都さんが最後に踊らない回あり、
無かった時の脱力感とか、気の抜け方は半端無いです。

そんなスーパーバレエレッスンも来週が総集編で最後のようですね。

こここ最近のロミジュリのレッスンで、
私は、「ロバート・テューズリー」に目がハートです。


「いんや~まじカッコイイ、惚れる、惚れる、目が溶ける」
「あ~こんな瞳で見つめられてみたい」
と大絶賛し、生気を抜かれています。


で、一緒に見ていた旦那が、いつもバレエを見る時のと同じ一言。

「あ、こいつ、ズボンはき忘れて出てきたよ、変態だな」

って・・・・


o(*`ε´*)o



ちなみに、今回のバレエレッスンの中ではこれが一番好きだったかも。


都さんの踊りには品があり、清潔感があり、本当に美しいです。

バレエのレッスンでの振り間違いとか

先日、オープンクラスで、C先生のクラスを受けてきました。

振りを間違ったりとか音を間違えると、酷く叱られます。

「バレエ上達へのヒント」 柴崎政夫

今日は、五反田のTOCビルで行われたチャコットまつりに行ってきました。

以前にチャコットまつりで3千円ほどのFREEDのレオタードを購入したので、
3,000円ぐらいの可愛いのがあればと見に行きましたが、
どれもこれも5千円、6千円と、安いのか高いのか・・・ちょっぴりがっかりでした。

チャコットまつりのレオタードの割引率は約40%なんですね。

その帰りに、通りかかったBOOOK OFFで、
「バレエ上達へのヒント」という本を見つけたので、
購入してきました。



バレエ上達へのヒント

「グラン・フェッテ・アン・トゥールナン」の説明で、
24回転を過ぎて気が遠くなるほど困難なのは、
足先に血が溜まり、血の循環が片寄り心臓に負担がかかるからとありました。

へ~~~です。

で、どうしたらよいかというと、
3回実施後に「ダブル」を入れたら良い、そうです。
ダブルをしている間に血が戻るそうです。
途中でアチチュードを入れるのも目的としては同じだそうです。

ダブルが入るとそのテクニックの素晴らしさに感動しますが、
実はそこには生理上の理由も含まれているそうです。

私は一回も回れませんので、出来る方是非試して実感してみてください。

【楽天ブックス】
バレエ上達へのヒント
(現在、楽天ブックスでは品切れ中ですが)

【Amazon】
バレエ上達へのヒント

著者: 柴崎政夫
出版社: 文園社
サイズ: 単行本
ページ数:258p
発行年月:1998年08月
本体価格 2,000円 (税込 2,100 円)

DVD 「パリ・オペラ座バレエ学校の妖精たち」 を観る

先日、スタジオのお友達から、
「パリ・オペラ座バレエ学校の妖精たち」を貸してもらいました♪

このDVDは、オペラ座バレエ学校の生徒達ではなく、
バレエ学校入学を目指す研修生達をとりあげたドキュメントです。

オペラ座バレエ学校についてのドキュメンタリーは珍しく(しかも研修生!)、
一流バレエ団の教育についてどんな英才教育を受けているか気になりますよね。

オペラ座バレエ学校に入学するには、
まず始めにオーディションで数百名の応募者の中から十数名が選抜され、
研修を受け、最後の試験に合格した者だけがバレエ学校への入学を許可される、
というとても厳しい世界なのだそうです。

今回の研修生は、女性11名、男性7名ほどでした。

わずか8~9歳の子達が、

「ここで辞めたら一生後悔する」

「出来るだけの努力はする」


という姿は、大人が見ていても刺激を受けます。


彼女達は寮生活をしながら、
クラッシックのクラス、表現のクラス、民族舞踊のクラス、勉強まで!
朝から晩までぎっしりのスケジュールをこなしていきます。
特に表現力を磨くクラスは、オペラ座の一流の教えを知る事が出来面白いレッスンでした。

8~9歳という幼さで両親から離れ、日々夢に向かって努力をするわけですが、
寮生活での友達とのコミュニケーション、両親が側にいない事の孤独、
落ちるかもしれない・・・という不安を抱えながら、
バレエスキルだけではなく、精神面でも鍛えられていきます。

イポリット君という子がホームシックで途中で学校を辞めてしまいますが、
先生やスタッフが暖かく彼がなんとか学校に残れる様に、
個人の意思を尊重しながら、一生懸命サポートしてあげている姿には愛情があり、
生徒の事をとても大事にしている感じが凄く伝わりました。

皆、オペラ座の将来のスター候補だけあって、
美男美女揃いで凄く驚かされます。

とりわけ美男子は、クールでかっこつけなアントワン君で、
美少女は、クラスにこういう子がいたら一番モテルだろうな~と思うジョゼフィーヌちゃん、
と思ってみていたら、
後半で、アントワン君が
「僕の彼女はジョゼフィーヌ」だと言うのを言っているのを聞いて、
ちょっと笑ってしまいました。
研修生達は、盛んに恋もする様です、しかも美男美女カップルが完成(笑)


途中のインタビューで、アリシアちゃんが、
「楽しい事はある?」と聞かれて、


「自分の夢が実現し始めていると感じる事かな」


「確実に前進している」

「限界まで練習したし、出来る事は全部やった」

「だから今、ここにいるのよ」




の言葉が凄く重たかったです。

わずか8歳にしてこの発言、見た目は子供なのに中身は別です。

また、番組の最後まで、愛くるしい可愛らしさでとても魅力的だったのは、
金髪で一番小さく目がくりくりした天使の様なサロメちゃんです。

インタビューの人がバレエについて質問したのに対して、


「始めた事は続けたいから」


と笑顔でこたえてますが、
始めた事は続けたい、と言い切れるのって凄く立派ですよね。

「進級出来なかったらどうする?」と聞かれて、
「分からないけど、夢の為に頑張るわ」
「バレリーナ以外の職業なんて考えた事ないし」
と、坦々と語ります。

後半の試験目前のリハでは、
「校長の前で踊る事は平気だけど、試験に落ちる事の方が怖い」
と言い、
いつも笑顔で愛くるしいサロメちゃんは試験本番日の朝、
鏡の前で髪をまとめられず、
自分でもどうしてこうなっているのかわからない感情に押しつぶされて大泣きです。

どれだけ、試験が怖いか、どれだけバレエ学校に入りたいか、
次の瞬間で一生が決まるかもしれないその恐怖や不安と闘っている姿がとても痛々しく、
世界一流のバレエ学校に入れるかどうかの重圧は計りしれないものでした。

DVDは最後の合格発表で終わりです。

落ちた子は誰だかわかりませんが、
サロメちゃんのとびきりの笑顔で終わったので、
彼女が合格した事だけはわかりました。


サロメちゃん、バレエ学校順調に進級できているかな?
とネットで検索したら、なんと、2009年の日本公演に来ていた様です!!
親心という感じで、事前に見ていたら、是非見に行きたかったですね~。

そしてそれ以外にも数名、このDVDの出演者が日本に来ていました。
日本に来ていた子達の名前を見ていると、
このDVDの中でも周りに流されず振り回されず自分を持っている子、
前だけ見て進んでいける子が残っている様に思えました。

ダンサーとしての将来性や資質を見て、
合格や不合格を決めるという事ですが、
体の条件もそうですが、
それ以上に精神面の強さが重要なのだろうなと感じました。

このDVDはどの世代の方がみても楽しめると思います。

自分が同じ世代の頃に見てみたかったし、
今までのターニングポイントででこれを見たらどう感じていたかとても気になりました。

気になれた方は是非みてみてくださいね。
とても良いDVDだと思います。

■楽天ブックスではここから購入出来ます
パリ・オペラ座バレエ学校の妖精たち ~エトワールを夢見て~

■Amazonではここから購入出来ます
パリ・オペラ座バレエ学校の妖精たち~エトワールを夢見て~ [DVD]

ポアントアンケート1000pv超え

9月5日に、ポアントアンケートのサイトが、一日、1000PVを超えました!!

このサイトは最初に作りこんでからシステムの更新はほぼ行っていないサイトなのですが、
皆さまのアンケート投稿に助けられて、
気がつけば、な・ん・と1日のPVが1000PV(ページビュー数)を超えていました。
本当にありがとうございます。

画面が崩れている所などもみられるので、
直すべきなのでしょうが、
自分で作っておきながら、
壊してしまったら、一生懸命投稿してくださった皆さんに、
大大大大大大大変なご迷惑をかけてしまいそうだと思い、
迂闊に手がだせません(^^;

いつか機能を増やしてまるごと大改造を行うのが夢です。
お金と時間に余裕があったらいつの日かやりたいと思います。


さて、アクセスレポートから、
皆様からのポアントアンケート、アクセス数の多い人気のコンテンツをご紹介しますね。

1)チャコット
2)グリシコ
3)ギャンバ
4)ブロック
5)シルビア
6)アビニョン
7)バレリーナ
8)レペット

やはり、国内メーカー、チャコットに人気が集まっています!
そして2位がロシアのグリシコ!
アンケート投稿数を見ても、日本国内では、海外メーカーは特にグリシコに人気が集まっています。

まだ、ご覧になられた事がない方は、
ポアント探しに是非ご利用くださいませ(^^)

----------------

余談になりますが、友人のポアントを預かって、ヤフオクに出品中です。
23.5cmですが、足のサイズの合う方、ご興味のある方、良ければご覧ください^^

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r58739290
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b103990515
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/122087678

映画 『パリ・オペラ座のすべて』

今秋から、映画『パリ・オペラ座のすべて』が始まります。

監督:フレデリック・ワイズマン『コメディ・フランセーズ 』『アメリカン・バレエ・シアター』
出演:ニコラ・ル・リッシュ、マチュー・ガニオ、マリ=アニエス・ジロほかエトワール全員、ブリジット・ルフェーブル、パリ・オペラ座職員
配給:ショウゲート(フランス 2009 /158分)

出演者がバレエファンにはたまらなく豪華ですよね。

10組20名様の試写会情報を見つけました、
ご都合の付くは方応募されてみてはいかがでしょうか。

応募締め切り:9/10(木)必着
会場:ショウゲート試写室 [JR渋谷駅南口より徒歩5分(渋谷区桜丘町24-4東武富士ビル1F シアターN渋谷下)]

↓申し込みの詳細は以下よりご確認ください。
http://blog.intoxicate.jp/content/2009/08/post-1137.html

私は皆様より一足先?に応募させていただきました。


予告動画がありましたので、興味のある方はこちらからどうぞ♪


鳥肌たちまくりですよ~

「rooms」 を観にいきました

先日、松崎えりさんが企画、演出、振付の「Rooms」を観にいきました。

ZHANG JIANの海賊

youtubeで素敵な海賊を見つけました。

彼女はNational Ballet of China のプリンシパルだそうです。


2009年の1月に、パリのガルニエでこのNational Ballet of Chinaの公演があったのですが、
中国?バレエ?って思ってましたが、見て納得しました。

半年近く前の発表会のDVDを観る

先日、すっっっかり忘れていた発表会のDVDが出来上がりそれを観ました。

他との合同公演だったので始めから順番に観ていき、
他の団体のキレのある美しいダンサーの動きにうっとりしていましたが、
所属教室の番になり自分のあまりの酷さにショック大でした。

音全然聞いてないから

先日のレッスンの時に先生が、
バーレッスンを初めて来た人の前に入ってやってちょうだいと指示されたので、
その位置に入りました。

誤った引き上げ

先日レッスンを受けていて、
先生が「もう一つ上がれるよ」と背中をぐっと持ち上げて、

背中がぐぐっと上がった時に、
胸の方が開いたと思ったので、
胸をくっと閉じたら、
それはいらん
とバシっと叩かれた。

私は何をしたのだろうか・・・(・_・ )エ?

つまりは全然関係ない動作をしてしまったようす。💨

引き上げひとつとっても自分の身体をコントロールするのは本当に難しい。


細い軸

先日のレッスンで先生のお手本をみていて、
ふと、軸が細いな~と思った。

周りで先生と同じ様に細い体型の子が動いていても、
体型には関係なく、軸の細さが見ていて違う。

どう動いても細い1本の軸があって、
それが曲がる事なくよれる事無く動き続けている。

もうひとつ踵前じゃないと

先日、先生がバーレッスンの時に私を見て一言。

「もう一つ踵前に出さないと、
その股関節でその開き方だと足りない、
それじゃきちんと足が下に入ってないよ」と。

見せ方を追求するレッスン

先日、教室には2種類の教室があるという話題になった。

レッスンの為のレッスンか、
ステージで踊る為のレッスンか。

音のないところで音をとる

先日のレッスンのテーマは、

「音のないところで音をとる」でした。

音のないところが上に来なければならず、
どう処理してよいかわからず所々で足がとまりました。

最後のジャンプでは、
動くタイミングがわからなくなり、
タイミングがずれまくりで気がつけばスタジオの半分しか進めず・・・

終わって先生が一言。
「随分小さい動きやったな~」

難しかった(ーー;)

このクラスは、先生がとても音楽に厳しい人です。
いつもまず始めに音を流して音を聞き、
その曲から得たインスピレーションがそのまま振りになっていきます。
この曲だとこういうダンスが出来るんだ~と思いつつ振りを他人事の様に眺めていますが、
数分後には夢から覚めて現実の世界で「違う!違う!違う!」と言い続けられる事になります。

3日連続レッスン後に自力整体で体を調整する

最近派遣ギリにあってしまいましたので、
しばらくのんびりしようと思って毎日を過ごしています。

失業保険も出るし、今まではバレエも行けたり行けなかったりなので、
いまは週3回はレッスンに行く事にして、
日課としてブログを1日1回は更新する事にしています。

たまたま先日の祝日に友達とチャコットのオープンに行ったのですが、
よく考えるとその前日も行き、その次の日も行き、3日連続レッスンに通っていました。
しかも祝日のチャコットがかなりきつくてバテました・・・。
汗だくになってバーで帰りたくなるほど大変な先生として有名ですが、
汗だくだくで、あぁぁぁやっとバー終わった~と思えるほどバーから大変でした。

さすがに、3日目にはからだがバリバリしている感じです。
噛み過ぎて硬くなったガムの様にガチガチしてます。
レッスン後の簡単なストレッチではほぐれてくれない様な感じです。

ターンアウトをする時にも固まってる塊を感じて動かしずらいし、
自分の筋肉にしばられて動きが制限されてきた様に感じます。

お世話になっている中国気功整体に行っても良いのですが、
一応現在失業中の為、お金がかからない様に整体を自分でやる事にしました。

困った時の助っ人として『DVDで覚える自力整体』の本とDVDが役立ちます。
これは、自分で整体を行う為の教本です。
このDVDを再生しながらゆっくり身体を動かして整体をしています。

気持ちよいところでDVDを一時停止してぐーーーっと伸ばして、
また再生をして続けるという事を繰り返すと、じわ~っと汗をかいて終わる頃には体がスッキりします。
長年すごく悩んでいた便秘まで解消できた優れものです。
ただし、DVDの先生は美しい綺麗なモデルさんとかではありませんので、
生理的に受け付けない人もいるかも?しれません(苦笑)
私の場合は、ああ、こんな年上の人に負けてる!と悔しくなりながら頑張ってます。

DVDも付いて、価格も安く、非常に良いと思うので、
体を自分で調整する事に興味がある方は一度試してみてくださいね。

◆商品情報◆
商品名:DVDで覚える自力整体
出版社:スッキリ・スリム きれいで健康な体になる 新星出版社
発売日:2005年3月発行
定価 :1,890円
商品の寸法: A5判 (20.8 x 14.8 x 1.4 cm)
ほぼオールカラー111頁

◆Amazonの商品紹介ページ◆
DVDで覚える自力整体

ご存知ない方がいらっしゃるかもしれませんのでご紹介ですが、
Amazon凄くお薦めです。

Amazonで本やDVDを購入すると、
・1500円以上であれば送料が無料になります
・お買い物ポイントがつきます
・定価より安く買える場合があります
・新品に近いものでも中古で安く手にいれられる場合があります

という様なメリットがあります。

という事で、私は、本やDVDは基本的にAmazonで購入しています。

本屋にわざわざ探しに行く交通費や手間もかからないし、
本屋で予約注文をして受け取りに行く手間もかからないし、
ネットで注文すると、色々な面で経済的ですよね♪

ザハーロワ&ロパートキナ[DVD]を購入して観ました

先日、チャコット渋谷店に行った時に、
1Fの入り口横にある巨大スクリーンに写し出されていた、
ザハロワの映像に目が釘付けになりました。

あまりの美しさに心臓がとまりそうだと感じたほどです。

興奮の冷めないうちに観たかったので、
早速、家に帰ってきてからAmazonでそのDVDを探しました。

豊富な舞台映像と、ダンサー自身の言葉からその内面に迫るドキュメンタリーで、
現在のロシア・バレエを象徴する二人のバレリーナを追ったて作られた、
ザハーロワ&ロパートキナ
というDVDです。
ザハーロワ&ロパートキナ [DVD]
クリエイティヴ・コア
発売日:2009-04-22


Amazonには、「79%のカスタマーが、このページの商品を購入しています。」
と記載があり、多くの方が購入しているとても人気のあるDVDの様です。
ちょっと出遅れた感じがしました(苦笑)

早速Amazonで購入しました。 
価格は、3,383円(定価4,410円の1,027円 OFF)

月曜日に注文したDVDが水曜日に届きました。

早速梱包をあけてプレイヤーにセット。
その映像が出るまでドキドキし、
始まってからは最後まで鳥肌が何度も立つほど興奮しっぱなし。

特に、AM11時からのボリショイの朝稽古、
体の動き自体に物語があり、
心臓がとまりそうなほど美しかったです。

派手な技でアピールするダンサーもいるけど、
ザハロワは基本の技の完成度を重視し、
誰がみても非の打ち所がないのだそうです。

彼女は、
マリインスキーのモイセーエワ先生はお母さんの様で、
ボリショイのセミャニカ先生は師匠だと言っていましたが、
以前に、観た「BALLERINA マリインスキー・バレエのミューズたち [DVD]
」で、
「腕が痛いの(≧-≦*)」と訴えてる子供の様な表情を思い出しました。
あの時の相手はモイセーエワ先生だったのかもしれません。

★収録舞台映像★

【スヴェトラーナ・ザハロワ】約27分
・瀕死の白鳥
・眠れる森の美女(共演:A.ウヴァーロフ)
・ドン・キホーテ
・ラ・バヤデール
・ジゼル
・シェヘラザード(共演:F.ルジマートフ)
・ミドル・デュエット(共演:A.メルクーリエフ)
・白鳥の湖(共演:A.ウヴァーロフ)


【ウリヤーナ・ロパートキナ】約27分
・白鳥の湖(共演:J.マルティネズ、D.コルスンツェフ、E.イワンチェンコ)
・愛の伝説
・病める薔薇(共演:I.クズネツォフ)
・ラ・ヴァルス(共演:S.クラエフ)
・三つのグノシエンヌ(共演:I.クズネツォフ)
・ダイヤモンド

どの映像も美しすぎて溜息ばかりついていました。


◆商品情報◆
商品名 :ザハーロワ&ロパートキナ
発売 :クリエイティヴ・コア株式会社
発売日 :2009年4月22日発行
定価  :4,410円
収録時間: 約54分
製作日:2007年、フランス製作
日本語字幕スーパー有り

◆商品紹介ページ◆
ザハーロワ&ロパートキナ [DVD]

さてさて、
ご存知ない方がいらっしゃるかもしれませんのでご紹介ですが、
Amazon凄くお薦めです。

Amazonで本やDVDを購入すると、
・1500円以上であれば送料が無料になります
・お買い物ポイントがつきます
・定価より安く買える場合があります
・新品に近いものでも中古で安く手にいれられる場合があります

という様なメリットがあります。

という事で、私は、本やDVDは基本的にAmazonで購入しています。

本屋にわざわざ探しに行く交通費や手間もかからないし、
本屋で予約注文をして受け取りに行く手間もかからないし、
ネットで注文すると、色々な面で経済的ですよね♪

★商品紹介ページ
ザハーロワ&ロパートキナ [DVD]

人気のLasana(ラサーナ)海藻ヘアエッセンスを使ってみました

先日、抽選でラサーナ・海そうヘアエッセンスのトライアルキットを当てました。



最近は、グルメ&ワインフェアの招待状など抽選運が続いてます。

友達にその「ラサーナ」の話をしたら、
「知ってる!凄く良いんだってね!使ってみたいと思ってた!羨ましい!」と。

調べてみたら知らない人はいないってくらい有名で、
楽天のヘアケア部門では3年連続1位という大人気の商品なんですね。

シャンプー、リンス(またはトリートメント)後、
早速、このラサーナヘアエッセンスを使ってみました。

洗い流さないからすごく簡単で、
タオルで髪を軽くふきとって、
ヘアエッセンスを手のひらに適量取ってぬれた髪全体にのばします。

後は、ドライヤーで乾かせばOKです。
全然べたつかないし、さらっとした感じがいいです。

海藻エキスをはじめビタミンE、
ローヤルゼリー、スクワランオイルなど、
天然成分をベースに配合されているそうです。

サラサラなのにしっとり仕上がり、
なんか私の髪って結構傷んでいたのかな?と思います。
オーガニック使ってるのになぁ。

◆商品ホームページ
ラサーナ・海そうヘアエッセンス

ショップを見ると、
ヘアエッセンスは、2週間用が1,050円、1~2ヶ月用が2,940円でした。
スターターキット(シャンプー、トリートメント、ヘアエッセンス、ヘアサプリ)は、
キャンペーン中で送料込みで1,050円です。

「世界わが心の旅 ウクライナ 精霊たちが踊る舞台 山岸凉子」

先日またまた、SONYのおまかせ予約で良い番組が録画されていました。

漫画家の山岸涼子さんが新しいバレエ漫画作りの為に、
バレエの本場ロシアのキエフを訪れた番組です。
(2000年にNHKのBShiで放送された番組の再放送です)

キエフは、山岸涼子さんの19年前の作品で、
泣き虫のノンナが成長して立派なバレリーナになる「アラベスク」の物語の始まりの場所です。

番組では、まず、キエフバレエ団の元プリマで、
現校長であるタチアナ・タイアキナさんと28年ぶりの再会をします。

タイアキナさんは、その漫画アラベスクの中の「タチャーナ・タヤーキナ」さんのモデルで、
キエフバレエ団で20年近くプリマを勤められた人物です。

彼女は、今も現役の様にすらっとしたスタイルの人でした。

旧ソビエト連邦時代から、バレエ学校への立ち入りは非常に厳しく制限されているそうですが、
今回は特別にキエフバレエ学校の内側を案内してくれました。

現在、10歳から18歳まで230人の生徒がプロを目指しているそうです。
簡単に割り算すると、1学年25人ほどがいそうですね。

中を案内するだけではなく生徒のクラスレッスンも見せてくれたのですが、
その中で、特に印象的だった映像が、
身体的にプリマ候補から外れた子を紹介するシーンでした。

「この子は筋肉がつきやすく、プリマの要素であるしなやかな表現には適しません」
「この子は(身体的)成長がとまり大きな表現が出来ません」

そして、プリマに必要な要素について、こう語っていました。

必要なのは技術ではありません、技術は練習すれば身に付けられます。
 才能は神から与えられた才能です。
 精神力も必要です、人を感動させる程の精神力の強さがなければいけません

まず肉体的条件をクリアして、その上で努力で技術を積み上げ、
精神力が強い者だけが上に昇っていく。

そして、そこに練習では身に付けられない生まれながらの気品も加わるのだそうです・・・

これがバレエの世界でやっていく為の要素なんですね。

シェフチェンコ劇場の舞台に山岸涼子が立って観客席を静かに見つめていましたが、
ステージ上のダンサーは皆ここの上から美しい劇場を見ているんですね。


【山岸涼子さんの漫画を読んで見たい方へ】
アラベスク (1) 第1部上 (白泉社文庫)
アラベスクは、1部2部、それぞれ上下巻です。

ヴィリ (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)
最近の作品だとこれです。


【番組情報】
残念ながら再放送の予定はない様です。


【キエフバレエ団の公式サイト】
Kiev Ballet

アリーナ・コジョカルは、キエフ・バレエ学校の特待生で、ここからローザンヌでスカラーシップをとり、ロイヤルバレエ学校に留学したんですよ。

2009年ローザンヌ、日本人は2人が入賞!

入賞された方々、おめでとうございます!

今年は、さいたま市の水谷実喜(みき)さん(15)が3位、
東京都八王子市出身でフランス留学中の根本里菜さん(17)が6位、
に入賞されたそうです。

皆さんの情報キャッチがとても早い様で、
本日のYahoo! - 急上昇の検索ワードにしっかりとランキングされてきていましたね。
(私はバレエ友達から教えてもらいました^^;)

水谷さんは、バレエを始めて5年目だそうです。
本人の努力もですが、短期間で入賞に導いた指導者の方も素晴らしいですね。

私は子供の頃から毎年放送されるローザンヌコンクールを楽しみにしていました。
田畑に囲まれた田舎育ちなので、
バレエを観られる機会はTVのローザンヌぐらいでしたので、
一年のうち一度だけ訪れる憧れいっぱいのバレエ鑑賞日です。

気が付けば、今年もローザンヌの季節になっており、
日本人の方々が入賞されおり、嬉しい限りです。

★2009年ローザンヌのコンクールの概要
を観ると、実技の他に個人面接などもあるのですね。

ローザンヌ国際バレエコンクール2009の候補者(ビデオ審査通過者)リストが発表になった時点では、
女性は43人(うち日本人18人でダントツトップ)
男性は22人(うち日本人4人でこれもトップ)
だった様です。

日本の皆さんすごく検討されてますね。

今後のテレビ放送がとても楽しみです。
(いつ放送されるかかわかったらUPしますね)


【ローザンヌ公式サイト】
ローザンヌ公式サイト

公式サイトでは、ファイナルの様子を動画で見る事が出来ます。
気になる方は、一足先にこちらのサイト見てみてくださいね。

クラッシックのバリエーションは、

水谷実喜(みき)さんは、38分頃、
根本里菜さんは、18分30秒頃、

14分30秒頃から出ている、石崎双葉さんも表現が可愛くらしくて私は好きです(^-^)

vol.4 エフゲーニャ・オブラスツォーワのヴァリエーション・レッスン

先日、世界のプリマバレリーナたち vol.4 オブラスツォーワ&ノーヴィコワのヴァリエーション・レッスン [DVD]を購入しました。

2008年にロシアで製作された、ヴァリエーションレッスンのDVDです(日本語字幕付)。
収録時間は70分間とお得でした。

私が購入した目的は、お気に入りの「オブラスツォーワ」を観たくてなのですが、
DVDの出演ダンサーは2人、共にワガノワ・バレエ学校で学び、
現在、マリンスキーのファーストソリストの位置するダンサー達です。

4つのバリエーションレッスンとそれぞれへのインタビューが収録されています。

まず、1人目は、オレシア・ノーヴィコワ(Олеся Новикова)で、品良く感じの良いダンサーです。
指導はオリガ・モイセーエワ(ソ連邦人民芸術家でワガノワの直弟子)です。

収録された作品は、以下の2作品。
「ジゼル」第1幕より ジゼルのヴァリエーション
「ドン・キホーテ」第3幕より キトリのヴァリエーション

最近、ペルミバレエのドキュメンタリで見た、落雷し続ける先生達が印象に残りすぎていて、
モイセーエワ先生の貫禄と余裕たっぷりのニコヤカな笑顔はTV用かしら?と思いつつ、
それでも、「足もっとあげなさい」とか、「音に遅れてるわよ」
「始めの頃の貴方の方が良かった」と、ゆったりとした口調で注意は飛び続けます。

ノーヴィコワは、マリインスキーでは、オブラスツォーワより期待されて役がついている様ですが、
オブラスツォーワの事で頭がいっぱいなのもあり、
私にはあまり興味のわかないダンサーでした。


2人目は、エフゲーニャ・オブラスツォーワ(Евгения Образцова)で、音楽性豊かなダンサーです。

指導は、現役ダンサーでもあるエルヴィラ・タラソワ。

収録された作品は、以下の2作品。
「ヴェニスのカーニバル」より サタネラのヴァリーション
「アルレキナーダ」より コロンビーヌのヴァリエーション

個人的には、サタネラのヴァリエーションレッスンの方がすきです。

エルヴィラ・タラソワは、モイセーエワとは違い、注意の口調は厳しい方です。
ところどころ、オブラスツォーワが、立ち止まって考えてからまた動き出します。

「プリエする度にお尻突き出してるわよ」とか「プリエが汚い」「足がインに入ってる」、
という注意にちょっとびっくり。

プロでもこういう注意受けるんですね。

「あなたの回転の仕方は」の注意が何度もありましたが、
タラソワさんの踊りを見てみたくなりました。

あと、なるほどと思ったのが「手でカウントをとりなさい」と。
わたしはレッスンでは、よく「手が遅れてるわよ!」と怒られますが、
ボディで音をとると、末端はどうしても遅れてきますよね。
なるほどx2と思いました。

レッスンで上の様な注意は聞いているはずなのですが、
振りの事とか、いろいろと頭の中がてんぱってて、
言葉が入ってこない時が多いので、
たまに落ち着いてビデオを見るのも良いなと思いました。

オブラスツォーワは、背が低いため、
長身のダンサーと比較して華やかさには少しかけてしまいますが、
それでも、音楽性があり、観ている人を幸せな気分にさせてくれる素敵なダンサーだと思います。

このDVDに関していえば、大好きなオブラスツォーワの踊りからみると、
★三つと半分ぐらいで、若干物足りないものがありました。

これからどんどん活躍の場が増えるといいなと期待しています。

【Amazon】
世界のプリマバレリーナたち vol.4 オブラスツォーワ&ノーヴィコワのヴァリエーション・レッスン [DVD](配送料無料)


まだ見た事がない方、まずはYoutube映像をこちらから


【公演情報】
マリインスキーの来日公演情報(チケットぴあ)をチェック。
(「マリインスキー」で検索します)


ご参考までに、オブラスツォーワの経歴です。
---------------------------------------------------------
ワガノワバレエ学校を卒業し2002年にマリンスキーに入団。
教師は、ロパートキナを育てたことで有名なNinella Kurgapkinaさん。
現在はマリンスキーのファーストソリストのポジションで、
時々主役も踊り(ロミオとジュリエットでデビュー)、他のバレエ団にゲストプリンシパルとして招待されています。
2005年、Moscow International Competitionのシニア部門においてゴールドメダルを取得し、
2006年、イタリアではレオニードマシーン賞を受賞。
バレエのほかには、2005年、フランス映画でロシアンドールズという作品にロシア人バレリーナ役で出演。
----------------------------------------------------------

印象に残るダンサーの種類

先日、Amazonで、
世界のプリマバレリーナたち vol.4 オブラスツォーワ&ノーヴィコワのヴァリエーション・レッスン [DVD]
を購入しました。

現在、マリンスキーのファーストソリストに位置する「オブラスツォーワ」を見る為です。

YouTubeで彼女の踊りを見て、一目惚れした、大好きなダンサー💕です。

皆さんは誰が好きですか?

どういうところが好きですか?

私の中では、ダンサーのダンスを見た時にする「感動」が3種類あります。

1)見ていると鳥肌がたってぶるぶるゾクゾクするタイプ

ここ最近で記憶に残るのは、元ネザーランドの「中村恩恵」さんとか、
先日、オペラ座で見た、「アリス・ルナヴァント」とか。

全身からオーラが出ている感じです。

久しぶりに、「中村恩恵」さんの名前を検索していて、↓こういう記事を見つけました。
創造力とアイデンティティー ダンサー中村恩恵の世界

「パリにはオープンクラスという制度があって、プロ・アマを問わず、好きなダンスの先生の教えるクラスに自由に参加できます。」
「同僚と一緒に出かけ、その憧れダンサーの後ろで胸を躍らせながら、レッスンを受けました」

とありました。


2)うっとりしては~っとため息が出るダンサー

それが、エフゲーニャ・オブラスツォーワであり、吉田都さんとか。
そのポイントは、音楽性だと思います。


3)全身に鳥肌がたって、ため息が出て感動し涙が出てくる様なタイプ。

これは、数年前にバレエフェスで見た、アリーナ・コジョカルとか、
NYCBの元プリンシパルのダーシー・キスラーが組曲第3番を踊ったのを見た時とか。
新国立で主役を踊られていた宮内さんとか。

舞台を観ていてどれにも属しない場合は、
長くは印象にも記憶にも残りません。

オブラスツォーワの音楽性は素晴らしいと思います💕

一緒に出演した、ノーヴィコワも同じファーストソリストですが、私には影が薄く見えます。

次回は、購入したDVDの感想などをお伝えしますね。

サイト内の人気投稿