発表会のDVDを鑑賞してみました

夏の発表会のDVDが出来上がってきたので早速観ました。

DVDをプレイヤーにセットしてそれが再生されるまで、
戻ってきた成績表を開く時の気分と同じでした。

予想通り、ショックでした。

脚は伸びてないし、つま先ぷらぷらだし、手はカラダより後ろに行ってるし、
角度悪いし、床もふめてないし、知ってはいたけど改めて見ると酷かった。

しかも、なんかスゴイぶす~っとして踊ってるし・・・orz
出来ない事はさておき、こんな楽しくなさそうな顔して踊ってしまった事にひどく後悔。

それと、観ていて、凄っく気になったこと。

自分が思っているカウントよりもう一つ早く動かないと、
動きが非常にダラダラ見えるという事。

先生が「とってる音がこっち、でもそうじゃなくてこっち、
そうじゃないともたついて見える」
と見本を見せてくださる事がよくありますが、
それの意味が客観的に観察していてよくわかりました。

音どりが少しズレただけで、だらだら踊っている様に見えますね。

そんなんで昔出たオープンクラスの発表会の事を思い出して、
DVDを探し出して観ました。
くるみの花ワルとかチャルダッシュとかを踊ったのですが、
その時のメンバーはオープンクラスだった事もあり先生ばかりでした。
(私が組んだ子はバレエ団に所属していたし)

周りの動き出しがいつも早いな早いな早いなひっぱられるな~と思っていましたが、
あらためて観ると、あれでピッタリでした。

音の捉え方ひとつで踊りがとてもエネルギッシュで華やかに見えます。

先日レッスンで自分が思うより少し早く動くようにしてみました。
そうしたら、何度も何度も音を見失いました・・・・orz

ムズカシイ。

12/14 ソロモン流に 西嶋千博さん出演予定

12月14日(日)のソロモン流で西嶋さんが紹介されるそうです。

「ソロモン流」は、一人を徹底的に取材した1時間番組です。

http://www.tv-tokyo.co.jp/solomon/index.html
放送予定 テレビ東京 2008.12.14(日) PM9:54~


この情報は、本日受信したメルマガを読んで知ったのですが、
内容は、ラ ダンス コントラステ 「真夏の夜の幻」の感想をアップしましたというお知らせでした。

配役を見ると、

タイターニア… 酒井はな さん
オーベロン… 西島千博 さん

でした。

TV番組内でその公演も紹介される様ですが、ダンスシーンはどれぐらい入るでしょうか。

ずっと以前にコントラステのオープンクラスに通っていた事があり、
憧れてたダンサーさん達をテレビで見られるかもしれず楽しみです。

先日、徹子の部屋に、婚約者の真矢みきさんが出ていて、
疲れて帰ると西嶋さんがご飯を作ってくれていたりする話をしていました。
真矢さんは料理が苦手だったそうで、生のキャベツに肉をいれてバリバリさせながらまいてロールキャベツを作っていたり、みそパックを丸ごとお湯にいれて味噌汁を作った話などをされていました。

番組内ではそんなお話も聞けるでしょうか。

今回の情報元はこのサイトのメルマガです。
http://www.dance-square.jp

そしてソロモン流
http://www.tv-tokyo.co.jp/solomon/index.html

絶対見逃さないようにしなくちゃ。


追伸:
西嶋さんが出る予定が、気がつけば、真矢みきさんに変更!!されていました。
真矢さんの方が知名度が高く絵になるのでしょうか、
番組の中で彼のダンスを見られると期待していたので、ちょっぴりザンネンです。

【西島さんの公式サイト】

ロシアのバレエ学校はバレリーナの製造工場

BS世界のドキュメンタリーという番組で、
ロシアの名門バレエスクール「ペルミバレエ学校」の生徒達の過酷な訓練の日々が紹介されました。
「犠牲の先に夢がある ~ロシア国立ペルミバレエ学校~ 」
http://www.nhk.or.jp/wdoc/yotei/

youtube で、Obraztsova

久しぶりに、youtugbeで、マリインスキーのソリストである、Evgenia Obraztsova.( エフゲニア・オブラスツォーワ)を検索したら、新しい映像を発見しました。

今回は、Evgenia Obraztsova と Vladimir Sklyarovが中心の映像です。

作品は色々と紹介されていますが、特にLe Reveil de Floreが、彼女にとてもよく似合っています。



やっぱり、可愛い、凄く好き。

力ではなくバランス

先々週の情熱大陸で、小林由佳さんというフリークライマーが紹介されていました。

人工で造られた岩や壁をすいすいと登る女性クライマーで、7歳からクライミングを始め、13歳で日本一になったそうです。
海外での評価が特に高く、その素質は本場の人にも認められ、最近では国際試合にも積極的に出て活躍されているそうです。

ベルリンのポリーナ・セミオノワのキトリ

先日の日曜日に東京バレエ団のドン・キホーテを見に行ってきました。

主役は憧れの「ポリーナ・セミオノワ」です。

発表会終わりました

本番、広々としたステージで踊りながら、昔受けたセンター試験の事を思い出していました。

時間(音)に間に合わなくなり、振りをすっとばしてみたり、
普段とけない問題は本番突然出来ることなんて絶対ないんだって事を思い出していました。

終わった後に先生の「笑顔」の言葉を聴いて、・・・すっかり忘れていました・・・、、、てんぱってました、自分。

バレエを習うという事、基本に忠実に

最近の土曜日はチャコットに通っています。
以前に通っていたクラスが諸々立て続けになくなり放浪しています。

現在受講しているクラスのC先生は、
「クラッシック習いにきているんでしょ」
「基本通りにきちんとやりなさい」
と口を酸っぱくおっしゃいます。

数年前にチャコットのお正月レッスンを受けた時に初めて知った先生なのですが、
その時のお手本がとても綺麗で鳥肌がたった記憶がありそのクラスを選びました。

noon dance performance TRIP

先日、「noon dance performance TRIP」という公演をみに行ってきました。

公演場所はあのなんとも言えない形で有名な浅草にあるアサヒアートスクエアでした。
場所がアサヒのホールという事でか、1ドリンク付の公演でした。

股関節の筋肉

最近、ターンアウト、特に膝を曲げた状態でのターンアウトの注意が鬼のようにとんできます。
爪先と膝の位置があっていないと。

どうも3次元を視覚的に捕らえるのが苦手なのと、鏡とにらめっこしてても体にはピンとこないので・・・・、色々と悩んだ末、隙のないよう脚の側面に板切れを紐で巻きつけて、強制的に膝の曲げ伸ばしをしてみました。

サイト内の人気投稿