発表会のDVDを鑑賞してみました

夏の発表会のDVDが出来上がってきたので早速観ました。

DVDをプレイヤーにセットしてそれが再生されるまで、
戻ってきた成績表を開く時の気分と同じでした。

予想通り、ショックでした。

脚は伸びてないし、つま先ぷらぷらだし、手はカラダより後ろに行ってるし、
角度悪いし、床もふめてないし、知ってはいたけど改めて見ると酷かった。

しかも、なんかスゴイぶす~っとして踊ってるし・・・orz
出来ない事はさておき、こんな楽しくなさそうな顔して踊ってしまった事にひどく後悔。

それと、観ていて、凄っく気になったこと。

自分が思っているカウントよりもう一つ早く動かないと、
動きが非常にダラダラ見えるという事。

先生が「とってる音がこっち、でもそうじゃなくてこっち、
そうじゃないともたついて見える」
と見本を見せてくださる事がよくありますが、
それの意味が客観的に観察していてよくわかりました。

音どりが少しズレただけで、だらだら踊っている様に見えますね。

そんなんで昔出たオープンクラスの発表会の事を思い出して、
DVDを探し出して観ました。
くるみの花ワルとかチャルダッシュとかを踊ったのですが、
その時のメンバーはオープンクラスだった事もあり先生ばかりでした。
(私が組んだ子はバレエ団に所属していたし)

周りの動き出しがいつも早いな早いな早いなひっぱられるな~と思っていましたが、
あらためて観ると、あれでピッタリでした。

音の捉え方ひとつで踊りがとてもエネルギッシュで華やかに見えます。

先日レッスンで自分が思うより少し早く動くようにしてみました。
そうしたら、何度も何度も音を見失いました・・・・orz

ムズカシイ。

12/14 ソロモン流に 西嶋千博さん出演予定

12月14日(日)のソロモン流で西嶋さんが紹介されるそうです。

「ソロモン流」は、一人を徹底的に取材した1時間番組です。

http://www.tv-tokyo.co.jp/solomon/index.html
放送予定 テレビ東京 2008.12.14(日) PM9:54~


この情報は、本日受信したメルマガを読んで知ったのですが、
内容は、ラ ダンス コントラステ 「真夏の夜の幻」の感想をアップしましたというお知らせでした。

配役を見ると、

タイターニア… 酒井はな さん
オーベロン… 西島千博 さん

でした。

TV番組内でその公演も紹介される様ですが、ダンスシーンはどれぐらい入るでしょうか。

ずっと以前にコントラステのオープンクラスに通っていた事があり、
憧れてたダンサーさん達をテレビで見られるかもしれず楽しみです。

先日、徹子の部屋に、婚約者の真矢みきさんが出ていて、
疲れて帰ると西嶋さんがご飯を作ってくれていたりする話をしていました。
真矢さんは料理が苦手だったそうで、生のキャベツに肉をいれてバリバリさせながらまいてロールキャベツを作っていたり、みそパックを丸ごとお湯にいれて味噌汁を作った話などをされていました。

番組内ではそんなお話も聞けるでしょうか。

今回の情報元はこのサイトのメルマガです。
http://www.dance-square.jp

そしてソロモン流
http://www.tv-tokyo.co.jp/solomon/index.html

絶対見逃さないようにしなくちゃ。


追伸:
西嶋さんが出る予定が、気がつけば、真矢みきさんに変更!!されていました。
真矢さんの方が知名度が高く絵になるのでしょうか、
番組の中で彼のダンスを見られると期待していたので、ちょっぴりザンネンです。

【西島さんの公式サイト】

ロシアのバレエ学校はバレリーナの製造工場

BS世界のドキュメンタリーという番組で、
ロシアの名門バレエスクール「ペルミバレエ学校」の生徒達の過酷な訓練の日々が紹介されました。
「犠牲の先に夢がある ~ロシア国立ペルミバレエ学校~ 」
http://www.nhk.or.jp/wdoc/yotei/

youtube で、Obraztsova

久しぶりに、youtugbeで、マリインスキーのソリストである、Evgenia Obraztsova.( エフゲニア・オブラスツォーワ)を検索したら、新しい映像を発見しました。

今回は、Evgenia Obraztsova と Vladimir Sklyarovが中心の映像です。

作品は色々と紹介されていますが、特にLe Reveil de Floreが、彼女にとてもよく似合っています。



やっぱり、可愛い、凄く好き。

力ではなくバランス

先々週の情熱大陸で、小林由佳さんというフリークライマーが紹介されていました。

人工で造られた岩や壁をすいすいと登る女性クライマーで、7歳からクライミングを始め、13歳で日本一になったそうです。
海外での評価が特に高く、その素質は本場の人にも認められ、最近では国際試合にも積極的に出て活躍されているそうです。

ダンサーの美しさ

先日の祝日は、チャコットのオープンクラスへ行ってきました。


最近、旅行に行ったりとレッスンから遠ざかっていたので、
鏡を見て気持ちがブルーにならないように、
もこもこ着こんでレッスンを受けてきました。

ベルリンのポリーナ・セミオノワのキトリ

先日の日曜日に東京バレエ団のドン・キホーテを見に行ってきました。

主役は憧れの「ポリーナ・セミオノワ」です。

発表会終わりました

本番、広々としたステージで踊りながら、昔受けたセンター試験の事を思い出していました。

時間(音)に間に合わなくなり、振りをすっとばしてみたり、
普段とけない問題は本番突然出来ることなんて絶対ないんだって事を思い出していました。

終わった後に先生の「笑顔」の言葉を聴いて、・・・すっかり忘れていました・・・、、、てんぱってました、自分。

バレエを習うという事、基本に忠実に

最近の土曜日はチャコットに通っています。
以前に通っていたクラスが諸々立て続けになくなり放浪しています。

現在受講しているクラスのC先生は、
「クラッシック習いにきているんでしょ」
「基本通りにきちんとやりなさい」
と口を酸っぱくおっしゃいます。

数年前にチャコットのお正月レッスンを受けた時に初めて知った先生なのですが、
その時のお手本がとても綺麗で鳥肌がたった記憶がありそのクラスを選びました。

noon dance performance TRIP

先日、「noon dance performance TRIP」という公演をみに行ってきました。

公演場所はあのなんとも言えない形で有名な浅草にあるアサヒアートスクエアでした。
場所がアサヒのホールという事でか、1ドリンク付の公演でした。

股関節の筋肉

最近、ターンアウト、特に膝を曲げた状態でのターンアウトの注意が鬼のようにとんできます。
爪先と膝の位置があっていないと。

どうも3次元を視覚的に捕らえるのが苦手なのと、鏡とにらめっこしてても体にはピンとこないので・・・・、色々と悩んだ末、隙のないよう脚の側面に板切れを紐で巻きつけて、強制的に膝の曲げ伸ばしをしてみました。

リハの映像を見る

昨日はリハから帰ってきて、夕食はカップラーメンとケーキでした。
疲れるとジャンクなものに手がでます。

昨日は、先週のリハ撮影の映像をかりました。

まず一番気になったのが、足、特に足首からした。
アウトにした足先がひょこひょことインに入ってます。
開いては戻る、開いては戻るの繰り返しでおえって思うほど汚かった・・・

Polina Seminova

8月に東京バレエ団の「ドン・キホーテ」を観に行きます。

キトリは、Polina Seminova(ポリーナ・セミオノワ)です。
いまからかなり楽しみに期待度いっぱいでその日を待っています。

これはお気に入りのポリーナの映像です。
こんなに手足を自由に動かせて踊れたら気持ちいいでしょうね~。

バレエには興味のない彼が、
後ろでこれをみて「この娘上手だね~!」って、私に声をかけてきました。

やっぱプリエって大事だなぁ~

GW終わりましたね・・・

朝から、仕事行きたくないのストレスでかなり早起きしてしまいました。
時計を見たらば、3時半!寝てからまだ2時間ほどしか経っていません。

最近しょっちゅう会社を辞めたくなるのでちょっと重症かもしれません。

ファイ、アッサンブレ

ファイ、アッサンブレっていつもしっくりこなくて苦手です。

特に右側が嫌いです。

昨日のお稽古で、先生が、
「ファイの足はどっちの方にあがるの?」
と言われたのですが、

GWの土曜日もレッスン

ここ最近は、毎年、GWはレッスンに行っています。

今日もいつものようにチャコットさんのオープンクラスに行ってきました。

先生は、やっぱり厳しく怖い、H先生のクラスです。
ひどく怒られたらどうしようとびくびくしながらレッスンを受けてきました。

GW初日はチャコットに

GW初日はチャコットに行ってきました。

毎度のことながら、スタジオに行っている時は幸せを感じます。

先生のお手本が美しかったり、レッスンを受けている生徒さんが綺麗だったり、
クラッシックを聞きながら、綺麗な動きを見てうっとり、とても楽しい時間です。
(出来ずにへこんでぐたぐたになっている時もあるけど)

羽が生えたようなアームス

今日は、午後休にしてレッスンに行ってきました(先週もそうだったような・・・)。

以前に、「せっかくのお休みなのに、レッスンなの!?
と先生に笑われた事があります。

怒られるのがちょっと嬉しい

このタイトルって、今話題になっている、
104に何度も電話をしてオペレータに怒られるとかまわれているようで嬉しい、の方みたいですね(苦笑)

NBAでエフゲーニャ・オブラスツォーワ(Yevgenia Obraztsova)のキトリを鑑賞

先日、友人からNBAのドンキホーテ観に行かない?と声をかけてもらい、一緒に観に行きました。

直前に分かったのですが、
キトリ役はマリンスキー劇場からのゲストで、
エフゲーニャ・オブラスツォーワ(Yevgenia Obraztsova)でした。

チャリティーで白鳥の湖を

3連休の初日にチャリティの白鳥を観に三鷹に行ってきました。

オープンクラスでお世話になっている先生が、
白鳥の湖で白鳥(黒鳥は別の方)を踊られるという事で、是非にと観に行きました。

怖いと思う事はやらぬ方がよい

以前にハムストリングスを怪我した事を書きましたが、あいかわらずよくなりません。

ということで、金曜日の仕事の後に家の近くにあるF.C.C.築地鍼灸整骨院に行ってきました。

痛めてからそれなりにたつのに治っていないという事は、これからもしばらく治らないだろうという事を言われました。
先生は爽やかなスポーツマンっぽい素敵な人でした。
とりあえず、マッサージと電気をあててもらいました。
料金は保険がききましたので、初診料とあわせて1600円ほど。
マッサージに行くより安上がりですね。

そして、土曜日の日にレッスンに行きましたが、痛みはあいかわらずです。

グランパディシャやグランジュッテとグランバットマンをするのがとても恐ろしい。

グランパディシャでは「膝伸ばしなさい!」と怒られますが、怖くて伸ばせません・・・・・。


レッスンが終わって、一緒にレッスンを受けていた他のお教室の先生と話をしていて、
その方もちょうど最近大きな怪我をされてやっと復帰してきたところなのですが、

怖いと思う事は人間の本能が絶対駄目と指令をだしているのだから、そう思う間はやってはいけない

「怖いって思う間はやらないこと、怖いじゃなくそれが痛いなら動かせる」

と病院で言われたという事を話してくれました。

そういえば、以前にも痛めた足が怖くて伸ばせないという話をレッスン前に先生にしたら、
同様に「怖いと思っているときは体が拒否しているし、治っていない証拠」だといわれました。

という事で、病院に行きながら気長に治療をしようと思います。

しかし、金曜日に整骨院でマッサージをしてもらい、土曜日にレッスンを受けたらグラグラになっていました。
いまままでとれていたはずのバランスがさっぱりとれなくなっており相当びっくり。
レッスン前のマッサージは危険ですかね。

綺麗なお手本に感動

先日、風邪とせい〇のダブルパンチで、かなり消耗して暮らしておりました。

やっと風邪も治りあれも終り、ただいま日々健康をかみしめて暮らしています。


さて、毎週通っていたオープンクラスが来月で終了になるんです(悲)
理由は子供クラスが増えて先生の時間が調整つかなくなったとのこと。

この先生とっても綺麗な方なのでとても残念です。
以前は、某バレエ団のプリマだった方で、
何を食べて生きているのだろうと思うぐらいスタイル抜群です。

先日のレッスン時に、
先生が、ピルエットのダブルからピケアンデーオールへのお手本をみせてくださいまして、
あまりの美しさに、「うわぁぁぁ超きれ~~」って思わず先生に向かって叫んでしまいました。

思わず素で感動、うっかり声まで出しレッスンという事を忘れておりました(*′艸`))+:

軸の全くぶれないコマがすーっと流れていくようで、★5つぐらいの美しいお見本でした。

マリンスキーの白鳥の湖

先週の金曜日に芸術劇場で白鳥の湖をみました。

最近、芸術劇場って金曜日の夜になったんですよね、
以前は週末だったので、うっかりチェックし忘れてしまったりしてます。
今回もたまたま気がつけてよかったです。

ゲルギエフ指揮
マイリンスキー劇場バレエ団
マイリンスキー劇場管弦楽団
ウリヤーナ ロパートキナ(オデット)
ダニーラ コルツェンフ(ジークフリート)

今回の主役はロパートキナでした。

私にとってのロパートキナって、
踊り方がストイックすぎるとことか、
神経質なまでに完璧なところとか、
人間としての稼働域を越えすぎてるとことか、
人ではなく白鳥に見えてしまうとことか(完璧といえばほんと完璧なのだけど)、、、
観ていてワクワクしたりドキドキしたりとかどうも酔えない。
ファンには申し訳ないのですが、スキのない完璧さがどうも怖いって思ってみてしまうんです。

多分、私がおおっざっぱな人間(A型なのに・・・)なので、
すきのない人に対して若干苦手意識を感じてしまう為かもしれません。



白鳥より黒鳥の方が気持ちよく観ていられました。
内側に向かっていくか外側に向けてエネルギーを出していくかで、
見え方もだいぶかわるものですね。

あと、黒鳥の衣装とても綺麗でした。
黒い衣装に、赤の飾りがきらきらと光って本当に美しかったです。

今回の白鳥では王子のコルスンツェーフの顔に、
寂しそうな頼りなさそうな弱腰な印象を受けどうも気になりました。
最近テレビを買い換えて、37型になった事と、地デジでみる映像はお顔がよくみえ、
ちょっと母性本能くすぐられたかな(苦笑)

あと王様のメイクも歌舞伎役者のようで、迫力ありすばらしかったと思います。

コールドはどのダンサーもスタイルがそろっていて綺麗でした。
日本のバレエ団ではここまで男性も女性も美しい容姿がそろいませんよね。
さすがロシアですね、見ていてバレエはやっぱりヨーロッパのものだなぁとつくづく思いました。

ちなみに、こうは言いつつも、ロパートキナのDVD↓を持っています。勉強になりますから。

世界のプリマバレリーナたちVol.2 ロパートキナのヴァリエーションレッスン
TDKコア
ウリヤーナ・ロパートキナ(俳優)
発売日:2007-09-26
おすすめ度:5.0
Amazy

お正月のレッスン at アーキタンツ

今年は、結局実家(北海道)には帰らなかったため、
3日に田町にあるアーキタンツでお正月レッスンを受講しました。

アーキタンツが引越ししてから初訪問です。

いつものチャコットで受講したかったのですが、
今年のお正月レッスンは予約していなかったので、
他のオープンを探しアーキタンツへ行く事に決めました。

以前のスタジオは凄く小さい事とちょっと便の悪いところにあったため、
派遣先が近かった時にはたまに利用していましたが、
今回は数年ぶりで引越しをした新スタジオへ行きました。

田町駅から徒歩7分、引越しした新しいスタジオはとても広くてびっくりです!

中に入って、地下にある受付で料金を支払います。

私が受付(初級)をした時が、レッスンが始まる20分前で、
既に52番目!!!、
その後何人増えたかわかりませんが、
それだけいたにも関わらず、
バーレッスンもセンターも全く人にぶつからずにレッスンを受けられました。

レッスンは完全にオープンクラスで、
一部のうまい子にしか注意はだしません。

バーは海外でオープンを受けるのと同様で、
ゆっくりで1回、アップテンポで1回で、ほぼどれも計2回ずつの繰り返しです。

音楽は生ピアノで、2回目は音がだんだんと早くなっていき、
ハードで、結構疲れます。

正月あけだからとゆっくり体ほぐしをする予定が、
早いし、ステップは多いしとバーでヘロヘロになりました。
体ほぐしのはずが、とても運動量の多いバーレッスンで重労働です。

なんとかバーレッスンを終えて、センターが始まりました。

センターは一番後ろにたったところ、
スタジオの後ろの方めちゃくちゃすべる!

怖くてまわりものとかまったくまわれません。
2番のグランプリエでずるずる足がずれていくのとかも怖いし、
超欲求不満になりながらズルズルの床で体をほぐしました。

以前にチャコットさんでもリノリウムを敷きかえたあと、
1年ちかくつるつるで怖い!という話をよく聞きいていましたが、
後ろの方なんてあまり使われていないでしょうし、まさしくそんな感じなのでしょうね。

人数が多かったためか、レッスンは1時間45分近くありました。

私が受けた初級クラスの次のクラスが、酒井はなさんのバリエーションレッスンで、
見学スペースからずーっと見学させていただきました。
初めて間近でみましたが、とても美しかったです♪

バーのお手本も一つ一つ丁寧に見せてくれたり丁寧に生徒さんをなおされていました。

バリエーションはオーロラでしたが、とにかく美しいの一言。
ステップからステップへのつなぎが流れるようで本当に美しかったです。

ちょっととくしました、ラッキーな日でした♪

【外国人ダンサーのレッスンを受けてみたい方へ】
アーキタンツ


お正月のレッスン at チャコット

4日の日はチャコットへ。

3日と違ってこの日のクラスはきちんと年内に申し込みをしていました、が、
聞いたところ、あいているクラスには年内の予約がなくとも入れるとの事。

完全予約制ではないです。



今回は朝イチのM先生のクラスを受講してきました。

スタジオに入ると、人数が少ない。
いつもの常連さんがいるだけ。。。

この先生で、この人数って、、、、(*′艸`))+:おとくね~

先生のクラスをいつも受講している友達が私の顔をみて「めっちゃおびえてるね~~(笑)」って、
そりゃおびえますわ、お怒りになられると怖いんですのよ、M先生。

しかも、(難解な曲の)音どりの複雑さと振りの難しさときたら、ピカイチですから。
カンニングしようにも、頭さげたら「下向かない!目線下げない!」って即刻怒られますから、ちら見だって出来るかどうか。



振り憶えられなかったらどうしませうどうしませうと内心オロオロしていたら、
先生がとても可愛らしいお顔で
「今日は動ける人しか見当たらないな~、これならなんでも出来るやん」
って、、、、(; ̄Д ̄)ぎゃぽ


という事でドキドキで始まったレッスンですが、
先生が、今日は人数少ないしせっかくやから両手バーでやるとおっしゃって、
殆どが両手バーのレッスンで、バーだけで1時間やりました。

結果的には超ラッキーなレッスンでした。
( *´艸`)ムフ

だって両手バーでみっちり教えてもらえるなんて、
これから先ずっとありえないことでしょうから。

今日のレッスンで骨盤の位置がおかしかったことに気がつきました。
ほんと難しいです、どうやったら正しいといわれる位置で出来るようになるのか、
さーっぱりわかりません。
しかも「片足で立つ事憶えなきゃね」って、基本の基本で注意を、
ここまで基本なこといわれるとかえって可笑しくなります。


とりあえず、バーもセンターもいままでにないぐらいシンプルになり事細かに教えてもらえて幸運でしたが、
そのおかげでたっくさん注意が出るのでパニックおこして、
簡単な振りをおもいっきり何度も間違えましたが、
今日はまだお正月?で先生のご機嫌もよく、笑ってゆるしてもらえました(*′艸`))+:

サイト内の人気投稿